WordPressの導入手順(エックスサーバー編)

7 min 2,991 views
WordPressのインストール手順

 ※当ページにはプロモーションが含まれています。

エックスサーバーにWordPressを導入(インストール)する方法を解説しています。

詳しい図解でわかりやすく解説しています。ワードプレスがはじめての方も過去に挫折経験がある方もぜひチャレンジしてみてください。

WordPressはエックスサーバーの独自機能「WordPress簡単インストール」を使うので初めての方でも安心です。

ワードプレス導入の流れ
  1. 取得した独自ドメインをエックスサーバーで使える様にする設定
  2. 「WordPress簡単インストール」
  3. 独自SSL設定の反映と転送設定

WordPressの導入手順に進む前に以下の準備も確認してください。

事前に準備しておいて欲しいこと

この記事はこんな方におすすめ
  • ワードプレス導入方法を詳しく学びたい方
  • ワードプレスにチャレンジしたい方
  • エックスサーバーをお使いの方 など

それでは頑張っていきましょう!

WordPress導入手順の確認

WordPressをインストールする前の手順からインストール後の設定まで。一連の作業を以下の流れで解説しています。

難しそうな言葉などがでてくるかも!? でも、1つ1つ図解を使って説明しているので安心して手順を進めてくださいね♪

  1. STEP

    ネームサーバーの変更(バリュードメイン)

    「バリュードメイン」で取得したドメインをどのサーバーで使用するかを設定する手順です。
    ここでは「エックスサーバー」を使用します。

  2. STEP

    ドメインの追加設定(エックスサーバー)

    取得した独自ドメインを「エックスサーバー」に追加します。

  3. STEP

    WordPressのインストール

    エックスサーバーの独自機能「WordPress簡単インストール」を使った手順です。

  4. STEP

    独自SSL設定の反映

    設定済みの「無料独自SSL」をWordPressブログに反映する手順です。

  5. STEP

    「.htaccess」ファイルの編集

    訪問者さんをSSL化したURLに転送するための設定です。

独自ドメインとサーバーの関連付け

バリュードメインで取得した独自ドメインをエックスサーバーと紐付けるための設定手順を解説します。

しばらく難しい「専門用語」が続くかもしれません? でも、あわてず解説にそって作業を進めてみてください。大丈夫♪

ネームサーバーの変更(バリュードメイン)

「ネームサーバーの変更」はそのドメインをどのサーバーで運用するかを決める宣言のようなものだと考 えてください。

ここでは使用サーバーであるエックスサーバー用ネームサーバーを設定することになります。(使用するレンタルサーバーごとに独自のネームサーバーが設定されています。)

ネームサーバーの変更作業はバリュードメインのコントロールパネルで行います。

  1. STEP

    「コントロールパネル」(バリュードメイン)

    コントロールパネル左側のメニューより「ドメイン」>「ドメインの操作設定」を選択します。

    バリュードメインのコントロールパネル
    「ドメインの操作設定」

  2. STEP

    変更するドメインの選択

    変更可能なドメインの一覧が表示されます。

    ネームサーバーを変更するドメインの「ネームサーバー」ボタンをクリックします。

    ドメイン一覧
    ドメイン一覧
  3. STEP

    ネームサーバー(変更前)

    「ネームサーバー変更」画面に移動します。

    変更前のネームサーバーが表示されています。ドメイン名に間違いがないかも確認しておきましょう。

    ネームサーバーの変更前
    ネームサーバー変更前
  4. STEP

    ネームサーバーの変更

    ネームサーバーをエックスサーバーがしているものに変更します。(ネームサーバー1〜5までを設定してください。)

    間違いがないのを確認したら画面下の「保存する」をクリックします。

    ネームサーバー変更後
    ネームサーバー変更後
    エックスサーバーのネームサーバー
    • ネームサーバー1 : ns1.xserver.jp
    • ネームサーバー2 : ns2.xserver.jp
    • ネームサーバー3 : ns3.xserver.jp
    • ネームサーバー4 : ns4.xserver.jp
    • ネームサーバー5 : ns5.xserver.jp

  5. STEP

    ネームサーバー変更完了

    以下の画面が表示されたらネームサーバーの変更は完了です。

    変更完了
    「正常に変更しました。」

    これでひとまずバリュードメインでの作業は完了です。

    このあとはエックスサーバーでの作業に移ります。

ドメインの追加設定(エックスサーバー)

先ほどネームサーバーを変更したドメインをエックスサーバーに追加する設定手順の解説です。

ここまでの手順を完了すればあなたのドメインもエックスサーバーで運用できるようになります。

ドメインの追加設定はエックスサーバーのサーバーパネルで行います。

  1. STEP

    「サーバーパネル」(エックスサーバー)

    サーバーパネル上に表示されているメニュー一覧の「ドメイン設定」を選択します。

    「ドメイン設定」

  2. STEP

    ドメイン名を入力

    「ドメイン設定画面」に移動します。「ドメイン設定追加」をクリックし、「ドメイン名」の欄に追加するドメイン名を入力します。

    入力に間違いがないことを確認し、「確認画面へ進む」をクリックします。

    ドメイン設定追加
    「ドメイン設定追加」

    「無料独自SSLを利用する」「Xアクセラレータを有効にする」のチェックは入れたままにしてください。

  3. STEP

    確認画面

    確認画面が表示されるので「追加する」をクリックします。

    これでエックスサーバーに新たなドメインを追加することができました。

    ドメインの追加確認
    「追加する」
  4. STEP

    追加されたドメインの確認

    念のため正しくドメインが追加できているかも確認しておきましょう。

    サーバーパネルのメニュー一覧より「ドメイン設定」をクリックします。

    「ドメイン設定」

    「ドメイン設定一覧」に先ほど追加したドメインがリストアップされているのを確認します。

    今回は問題なく追加できたようです。

    ドメイン設定一覧
    「ドメイン設定一覧」

    追加した独自ドメインが利用可能になるまで1時間ほどの時間がかかることがあります。

  5. STEP

    設定完了

    サーバーに設定が反映されたあと「ドメインのURL」を確認すると以下のようなページが表示されます。

    関連付け完了
    関連付け完了

    ドメインのURL : https://【ここにドメイン名】

    以上で独自ドメインとサーバーの関連付けは完了です! お疲れさまでした。

ここからはいよいよWordPressの導入設定です。

と言っても、エックスサーバーならごく簡単な手順を踏むだけで作業を進めることできるのでご安心を。

それでは以下の解説を参考にチャレンジしてみてください。

WordPressのインストール

WordPress

エックスサーバーの独自機能「WordPress簡単インストール」を使ったWordPressの導入方法を解説します。

WordPress簡単インストール

再度、エックスサーバーのコントロールパネルにログインします。

「WordPress簡単インストール」機能を使えば、ログインパネル内での操作だけで簡単にWordPressをインストールすることが可能です。

以下の手順に沿って作業を進めてください。

  1. STEP

    「サーバーパネル」(エックスサーバー)

    メニュー一覧から「WordPress簡単インストール」を選択します。

    「WordPress簡単インストール」
  2. STEP

    インストールするドメインを選択

    一覧からWordPressをインストールするドメインを探し出し「選択する」をクリックします。

    ドメイン選択画面
    ドメイン選択画面
  3. STEP

    サイト情報の入力

    「WordPress簡単インストール」の画面に移動します。

    サイト情報
    サイト情報の入力

    以下を参考に「サイト情報」を入力します。入力を終えたら「確認画面へ進む」をクリック。

    入力例
    サイト情報の入力例
    サイト情報の入力
    • サイトURL①:「wwwあり/wwwなし」を選択(お好きな方を)
    • サイトURL②:ここは「空白」で
    • ブログ名 :ブログタイトルを入力
    • ユーザー名:お好きなユーザー名を
    • パスワード:パスワードを設定
    • メールアドレス:メールアドレスを入力

    項目名の右側にある「?マーク」を指定するとその説明が表示されます。

    「wwwあり/wwwなし」はどちらがおすすめですか?

    管理人は「wwwあり」を選択することが多いらしいです。でも、「どちらでもご自由に♪」とのことです。

    「ブログ名」はあとから変更可能です。まずは「仮タイトル」でも大丈夫ですよ♪

  4. STEP

    入力内容の確認

    入力内容に間違いがないかを確認します。問題なければ「インストールする」をクリック。

    WordPressのインストールスタートします。

    インストール
    「インストールする」
  5. STEP

    インストール完了

    WordPressのインストールが完了すると以下の画面に「WordPressの管理情報」が表示されます。

    「管理画面URL」「ユーザー名」「パスワード」などを忘れないように控えておきましょう。

    インストール完了
    インストール完了

    「サイトURL」に移動しブログを確認してみましょう。

    以下のようなブログが表示されていればWordPressブログのインストールは成功です。

    (ブログのデザインはWordPressのバージョンの違いなどで異なる可能性があります。)

    WordPressの確認
    新しいWordPress

ここまで来ればあともう少しです。頑張ってください!

独自SSL設定の反映

サーバーにドメインを追加した際に設定した「無料独自SSL」をWordPressブログに反映する手順を解説します。

SSL設定って何ですか?

「SSL(Secure Sockets Layer)」とはインターネット上の通信でやり取りされるパスワードやクレジットカードなどの情報を暗号化することで守るための技術のこと。

あなたのサイトをより安全なものにすることで訪問者さんやGoogle検索エンジンからの評価を高めることに繋げます。

SSL化されていないサイトのページを開くとアドレスバーに「保護されていない通信」との警告メッセージが表示されます。(GoogleChromeの場合)

保護されていない接続
「保護されていない通信」

こんなのが表示されるとなんだか不安になりますね・・・。

SSL化が完了すると「保護された接続」を示す南京錠のアイコンが表示されるようになります。

保護された接続
「保護された接続」

これから解説するのはあなたのWordPressブログに正しく「南京錠」が表示される様にするための手順ということです!

  1. STEP

    WordPressの管理画面にログイン

    先ほど控えておいた「管理画面URL」のページからWordPressの管理画面にログインします。

    「ユーザー名」「パスワード」も先ほどのものを使用します。

    管理画面にログイン
    管理画面にログイン
  2. STEP

    ダッシュボード(WordPressの管理画面)

    管理画面左側のメニューより「設定」>「一般」を選択します。

    一般
    「設定 > 一般」

  3. STEP

    URLの変更

    「一般設定」の画面に移動します。

    一般設定
    一般設定

    「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」を以下の様に変更します。

    URLを変更
    URLを変更

    「http://〜」を「https://〜」に変更。「p」のあとに「s」を追加しています。

    変更が完了したら画面下部の「変更を保存」をクリックします。

    管理画面から自動でログアウトし、再びログインページが表示されます。

    管理画面にログイン
    管理画面からログアウト

    以降、管理画面のURLも「http://〜」から「https://〜」へと変更されます。ブックマークは変更後のURLにしておくと良いですね。

続いて「.htaccess」ファイルの編集を行います。

「.htaccess」ファイルの編集

この作業は「http://~」のURLに訪問したアクセスを自動的に「https://~」のURLへと転送するための設定です。

転送?「.htaccess」?? なんだか難しそうだけど、、、。

でも、解説通りに手順を進めていけば簡単にできました♪

それでは解説を続けます。

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインする前に事前準備から。

  1. STEP

    編集前の事前準備

    エックスサーバーのマニュアルページ「Webサイトの常時SSL化」を開きます。

    上記ページに記載されている以下の「3行のコード」をコピーし保存しておきましょう。

    コピーする
    コピーする
  2. STEP

    サーバーパネル(エックスサーバー)

    エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

    メニュー一覧から「.htaccess編集」を選択します

    「.htaccess編集」
    「.htaccess編集」
  3. STEP

    .htaccessを編集するドメインを選択

    一覧から.htaccessを編集するドメイン探し出し「選択する」をクリックします。

    ドメインを選択する
    「選択する」
  4. STEP

    .htaccessの編集フォーム

    注意事項が表示されます。「.htaccess編集」をクリックします。

    「htaccess編集」
    「htaccess編集」

    「.htaccess」の編集フォームが表示されます。

    編集フォーム
    .htaccessの編集フォーム
  5. STEP

    .htaccessの編集

    編集フォームの最上部に先ほど「STEP1」でコピーした3行のコードをペースト(貼り付け)します。

    「確認画面へ進む」をクリック。

    コードをペースト
    コードをペースト

    「実行する」をクリック。

    実行する
    「実行する」

    以上で「.htaccessの編集」は完了です。

    編集完了
    編集完了

    ご自身のWordPressブログがSSL化されているか? 確認してみましょう。

    保護された接続
    SSL化された状態

以上でWordPressの導入は完了です! お疲れさまでした。

このあとは「WordPressの初期設定」を行います。

関連記事